虫歯を削るのはもう古い?最新の虫歯治療

苦手意識を克服?削らない虫歯治療の真相を探る

ドッグベストセメント治療の特徴とメリット

このコラムをシェアする

海外で認可された治療方法

ドッグベストセメント治療は歯の治療に厳しいと言われているアメリカで検査・認可を受けている治療方法です。
この治療方法はドッグベストセメントと言う、銅イオンを主成分としたミネラルから生成された薬を使って治療を行います。ドッグベストセメントは歯科で使われている薬剤の中ではアレルギーが少ない事がわかっていて、お子さんから高齢者まで安心して使える薬剤です。
まだまだ国内では導入している歯科医院は少ないですが、海外では当たり前の様に提供されていて今後日本でもどんどん導入されていくと考えられいます。
ドッグベストセメント治療は重度の虫歯だからと言って諦めず、少しでも歯を残したい方にぴったりの治療方法です。ちなみに穴が開いていない虫歯に適用出来ません。

半永久的に効果がある治療

この治療方法の特徴は半永久的に殺菌効果を得られる事です。神経まで虫歯が到達してしまった時に、歯を削らずにしっかりと殺菌しドッグベストセメントを詰めます。
これまでの治療方法は無菌化に1年程度時間がかかっていましたが、別の項目で説明した高出力レーザーを合わせて使う事でよりスピーディに無菌化が出来る様です。ドッグベストセメントを詰めたら治療は完了です。
優れた治療ですが口腔内の環境によっては治療が出来ないケースや、人によっては満足のいく治療効果が得られない可能性もあるので注意して下さい。これらのデメリットを合わせても迅速で痛みの無い治療はとても魅力的です。日ごろのケアはもちろんの事、これを機に歯の健康を意識してみて下さい。