虫歯を削るのはもう古い?最新の虫歯治療

苦手意識を克服?削らない虫歯治療の真相を探る

プラズマレーザー治療の特徴とメリット

このコラムをシェアする

高出力レーザーの種類を知る

虫歯治療だけでは無く美容外科や皮膚科など、様々な分野で使われている高出力レーザー治療は、高い安全性と炎症の緩和など様々な効果があります。
レーザーにも多くの種類があり、治療にも影響するので事前に歯科医院へ確認すると良いです。まず炭酸ガスレーザーは日本で普及しているレーザーで歯茎や粘膜の切開だけでは無く、止血の効果もあります。
続いては半導体レーザーですが、低出力・高出力と2つの種類があります。どちらも粘膜や歯茎の晴れ、痛みを緩和する効果があったり、機材の種類によって検査に使えたりするタイプもあります。
今回はこの半導体レーザーの高出力タイプにスポットを当てて紹介しますが、他にもヘリウムネオンやエルビウムヤグといった種類があります。

歯周病にも効果的な高出力レーザー治療

高出力レーザー治療の特徴は、なんと言っても他の歯を傷つけずに治療が出来る事です。歯はデリケート且つ、永久歯は一度欠ける・削ってしまうと二度と再生出来ません。そんなデリケートな歯を傷つけないので、歯を出来る限り残したいと考える方から支持されています。
この治療はレーザーと特殊なチタン溶液を使って、高温のプラズマを発生させて治療を行います。虫歯菌をピンポイントで殺菌するので、虫歯だけでは無く歯周病など細菌関連の治療にも効果的です。冷却効果があるので痛みも無く、麻酔を行わずに治療が出来るのもメリットです。
但しこの治療方法は出力を上げすぎてしまうと歯を傷つけてしまうので、一定の出力を保つ必要があります。その為、ケースによって治療に時間がかかる事もあります。