虫歯を削るのはもう古い?最新の虫歯治療

苦手意識を克服?削らない虫歯治療の真相を探る

ヒールオゾン治療の特徴とメリット

虫歯予防の為に歯磨きやフロス、マウスウォッシュなどを利用している方も多く、日本でも歯の健康に対する意識が高まっています。
虫歯は多くの方が患った事のある症状ですが、酷くなると脳に影響が出てしまうケースもあります。まず初期の段階は歯の表面が細菌の出す酸によって溶かされ濁ってしまったり、茶色くなってしまったりします。見た目にも分かりにくいので放置してしまうケースも多いですが、しっかりとオーラルケアをすれば進行を防ぐ事が出来ます。
歯の表面が更に溶かされると穴が空き、黒くなってしまいます。痛みはありませんが見た目にわかるので、この時点で歯科医院へ駆け込む方もいます。少しずつ虫歯が進行し、歯の内部にある象牙質に到達すると痛みが生じます。温かい、冷たいものを食べるとしみる感覚があるのはこの状態を指します。
そこから更に進行すると神経に到達し、激しい痛みが生じます。この時に放置していると骨髄炎などの合併症を引き起こす場合もあります。その後、歯は溶けてなくなり根っこだけが残ります。
最終的に虫歯は骨の中に到着し、根尖病巣という状態になります。細菌と膿がたまっていて、完治する事は無く定期的に消毒薬を入れる治療のみになります。普段痛みは生じませんが、体調を崩すと激しい痛みに襲われます。
ここでは恐ろしい虫歯を治療してくれる、最新の方法を公開していますので治療検討している方は事前の情報収集の参考にしてみて下さい。

おすすめリンク

千葉市の夜でも通える矯正歯科

千葉市にある、仕事終わりなど夕方以降に通える矯正歯科をご紹介します。歯科選びの参考にご覧ください。

虫歯を放置するとどうなる?

ヒールオゾン治療は薬剤では無く、酸素の同素体の一つです。この同素体を使って、初期の虫歯治療を行う方法が注目を浴びています。 この治療方法をヒールオゾンと呼び、様々なメリットがあります。ここではヒールオゾン治療の特徴やメリットについて説明しています。

プラズマレーザー治療の特徴とメリット

初期の虫歯は歯の表面に付着しているだけですが、中等度になると表面だけでは無く、歯に穴をあけてそこから神経に向かって虫歯が進行します。 このケースは熱い物や冷たい物を摂取すると痛みが生じるので、歯科医院へ駆け込む方が多くいます。中等度の虫歯治療について紹介します。

ドッグベストセメント治療の特徴とメリット

既に虫歯が神経に到達している場合、その神経を抜かなければなりません。いくら最新の治療であっても、神経まで到達してしまった場合はその神経を抜かなければなりません。 しかしドッグベストセメント治療なら抜歯をする必要はありません。この治療方法について公開しています。